ネット環境がギガ環境に移行するタイミングで、どうせサーバを停止する必要があるからと、FreeBSDを10.3から11.0へとメジャーアップグレードしたらMySQLのデータベースが壊れた。

データ回復の手段はネット上に色々と載ってはいるものの、私が探した範囲内の回復手段では復旧させる事は出来なかった。

qjailによるシステムまるごとのバックアップでも、MySQLのデータが壊れるらしい事も今回の件で発覚していまして・・・まぁブログ復旧する手段は完全に無くなったってことだな。

前の時は、FreeBSDがクラッシュし、やはりMySQLのデータが壊れた。てか、MySQL以外のデータは全く壊れてなかった訳で・・・

ほんと、MySQLのデータベース脆すぎる

技術があれば変更可能らしいんだけど、基本的にWordPressで対応しているデータベースはMySQLだけだし、これからも使い続けていく必要があるんだが・・・これからはバックアップの手段はシッカリと確認しなきゃならんね。バックアップ取ってるつもりで単なるゴミだったとか情けなさすぎる・・・。

 

ちなみに、今回のメジャーアップグレードでMySQL以外で明確に壊れていたのは、FreeBSD10以降で正式採用されたpkgシステムのデータベース。こちらは不都合は出てもデータベースを作り直すだけで解決していたりする。他にもちょこちょこと不都合が有るようだが、気づいた所から徐々に対応していくしか無いね。特に大事なデータがない環境は、新規環境構築して対応してしまおうかと考えていたりして。環境構築に関してはpkgシステムを使い、各種ソフトウエアの更新はportupgradeで行えば、徐々に我が家に適した環境に移行していく事になるだろうし・・・。

 

データベースが壊れた

6 thoughts on “データベースが壊れた

  • 2017年3月19日 at 6:16 AM
    Permalink

    暫く繋がらなかったので心配していました。
    こちらの分野は手を出していないのでわかりませんが、なかなか難しいようですねえ。

    バックアップを取っているつもりが、、、というのは私もよくありますw
    まあ、自分のブログの場合は消したいと思う恥ずかしい内容のも多いので
    自然に消えてくれるなら消す手間も省けると思うところもあったり(^o^;)

    Reply
    • 2017年3月21日 at 8:33 PM
      Permalink

      マーちゃんコメありです。

      『サーバ関連に関して』って話をするなら、マーちゃんも結構やってるはずで・・・録画とかVPN(確か?)とか。
      OSが違うってだけなんで、難しく考えたら負けですw

      今回の件、改めて確認してみたら、環境が変わったって事で動作していないように見えるプログラムが多数有るだけで、実際に壊れていたのはブログのデータくらいなものでした。本当に貧弱すぎるし、何でこれが主流で持て囃されるのか良く分からん

      一番良いのは無圧縮のテキストによるバックアップかなとか思ってると、一度に読み込むファイルサイズの上限が有ったりして厄介だったりするし・・・う~ん・・・

      FreeBSDのオフィシャルサイトで実際に紹介されているバックアップ方法の一つが『バックアップしない』だったりするので、まぁ、みんな消したい記事は多かれ少なかれ有るって事で・・・w

      Reply
  • 2017年3月19日 at 6:17 AM
    Permalink

    ん?、コメントが残らない?

    Reply
    • 2017年3月21日 at 8:43 PM
      Permalink

      仕組みは良く分からないのですが、一度はコメント投稿を保留し、認証を許可したコメント(主)に関しては、以降のコメントを無条件に許可する(クッキーか何かかな?)ような設定になってるようです。
      と言うか、私がしてる(た?)って事か・・・w

      まぁ、これはこれで便利そうなので、このままの設定を継続しようかなと・・・

      Reply
  • 2017年3月25日 at 1:00 PM
    Permalink

    いやあ、サーバー構築は参考サイトを覗いた程度で、実際にやるところまで行ってないですね(^o^;)
    ネットワーク絡みは分からない所ばかりで、面倒なのが一番手を出さない理由でもあります。

    最近、高性能なゲーミングPC以外のデスクトップ、モバイルPCは手を出し尽くしたというのもあって
    満足はしているのですが、ふと冷静に考えてみると、本来、自分がPCを持つ、使う理由について考える機会が
    増えました(何やら哲学的?)。
    スマホやネット環境の有無に関係なく、同世代の友人の多くがPCを触らなくなるパターンをよく目にします。
    なのに自分自身、CGとゲーム、ネット以外に何のために何故何台も持っているのだろう?とw

    MSXから始めた当時のワープロはもちろん、本来の目的であった絵、アニメのアナログからデジタルへの移行は
    実現出来ているわけだし、いつでもどこでも何でも出来る、というのも叶ったわけで。
    遊びと生産、コミュニケーションから先、何かしら目的が出来たらPCを活かすためにサーバー関係にも
    手を出すかもしれませんね。

    Reply
    • 2017年3月25日 at 7:05 PM
      Permalink

      マーちゃんコメありです。

      そもそも『サーバー』と言う言葉から受けるイメージが良くないんだろうなと思うわけです。実際には、一度設定した後に自動(もしくは半自動)で何かしらのサービスを提供する存在ってだけの話で、例えばLANで共有するファイル置き場を作ったなら、それはもうサーバなんですな。
      (なので、テレビ録画なんて私からしたら完全にサーバな訳で・・・)

      私の場合は、ファイル置き場としての役割が圧倒的に強く、それに関連したサービス(収集・変換・提供・削除)が蠢いているという感じです。本末転倒な感じだけど、次点でサーバをメンテナンスする為のシステムが多かったりしますねw

      基本的には、メインで扱っているPCが一番性能が良いのだろうと思うわけですが、時間のかかる作業(動画変換とかCD/DVDを焼くとか)では、メインPCでやれば早い時間で終わらせることが出来るんだろうけど、劣ったPCで時間が掛かっても同じものが完成するんですよね。そう考えれば、メインPCは自分の趣味に使って、作業はサブの方でやらせておけば良いってのが私の考えだったりするわけです。

      Reply

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)