カセットテープ型のアダプタを使ってみた

ブログシステムのデータが壊れる直前くらいに、カセットテープ型のアダプタをポチした的な話をしてたりする。ブログデータが壊れ、その復旧作業に時間が取られて話題にするのが物凄く遅れたが、随分と前に届いては居た。

 

今はもう安くなっているが、ポチした時には200円、請求された金額は190円、現在広告に載ってる値段は175円だわ。amazonの似たような製品を確認すると、もっと安いやつが有るんで、更に安くなるのかもしれないが・・・。

 

んで、実際に使ってみた所・・・

10~20回に1回位しか使えない‘`,、

カセットの入り口に入れると、ガタガタと音を立てた後、カーステレオから排出される。たまに音が聞こえるようになった時、その状態を維持しようと車のエンジンを切る時にカセットを排出させないようにしても、エンジンをかける段階からガタガタと音を立てた後にカセットが排出される。結局また、最初からやり直し。

だめだこりゃ

 

まぁ、初めから想定はしていたんで、予定通りに分解開始w

中にあるギアがバラバラ・・・それを組み直すわけだが、良い感じにギアが噛み合わない。と言うか、何度か組み直しをしてみて気づいたが、元からギアの合わせ方(上下)が間違っている場所があった。まともにギアを直しても、ギアの先端が少し接触する程度の状態なので、必ずしも全てのギアが同時に廻る訳ではない。まぁ、それがギアが完全に壊れないための安全装置の役割をしてるって言われれば、そうなのかも?って気にはなるが・・・。

 

正常だと思われる状態に組み直してからは、正常に動作することが多くなった。大雑把に3回に2回位かな?。上にも書いた通り、ギアが確実に噛み合わない状態なので、これ位が限界なのかもしれない。

音に関しては、音源(私の場合はNexus7)の音量が大きすぎると音割れする。音源の方で音割れしない程度の音量にまで落として、カーステレオの方で実際の音量を調整してやれば、FMトランスミッターよりかは良い音をだす。まぁ、再生中に軋むような異音が聞こえるんで、その辺は後で油でも差して見ようと思ってる。

まぁ、190円にしては良かったかな?

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)