ミジンコを飼い始めてから一ヶ月

狙ってたわけじゃない。確認してみたら、ミジンコの単独飼育を始めてからちょうど一ヶ月だっただけw

タマミジンコ容器破棄とダフニアの単独飼育開始

ミジンコ容器の変更

時期が良いようで、屋外で放置しているミジンコ容器でも、結構な数までミジンコが増えている。とは言え、屋内で飼育しているミジンコほど増えてはいないんだが・・・。

 

ダイソーで購入した容器。見える白い点は、ほぼ全てミジンコ。

黒っぽくモヤッとしてる物体は、たぶんグリーンウォーターの成れの果て(ミジンコの排泄物)

 

お茶のペットボトル。

完全に撮影失敗してる。本当はダイソー容器と変わらないほどのミジンコの数が居たりする。

 

現在、どちらの容器も限界までミジンコが増えたという印象がある。実の所、ペットボトルの方がミジンコの数の限界に達したのが、ダイソー容器よりも1~2日ほど早かったりした。

エアレーションの量を同一にする調整は難しすぎてできなかったんだが、ペットボトルの方が少し強めになっていた。それにより対流が発生しミジンコが少しずつ流されているのを確認してる。その状態が良かったのかも知れないので、次からのエアレーションの調整は、その辺の流れを意識しながら調整しようと考えている。

 

ついでと言う訳ではないが・・・

ダイソー容器で発見。

たぶんこれ耐性卵。

これが出来るって事は、環境が悪化してる可能性が高いわけで・・・

 

まぁ、後は増やしながらメダカに与えて行く事になるので、次に話題にするのは全滅した時かな?w

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)