Windows版『GIMP2』の起動を早くする

Debianのデスクトップ環境にてGIMP2を扱う機会が在ったんだが、起動までの動作はほぼ同じなのにWindows版と違って物凄く起動が早い。Windows版が遅い原因はなにか!?と考えると、Windows版だと起動時にフォントの読み込みで多くの時間が取られているらしい。

GIMP2の設定項目を調べてみると『編集』→『設定』→『フォルダー』→『フォント』でフォントの設定画面が現れる。初期設定状態で、私の場合は2つのフォルダが設定されていたんだが、どちらの設定も私のWindows10環境には無いフォルダーだった。

2つのフォルダ設定は削除し、新たにフォントの設定を追加。

Windows10環境の場合は『C:\Users\XXXXX\AppData\Local\fontconfig\cache』を設定すれば良い。ちなみに『XXXXX』の部分はユーザー名が入る。

 

◆追記

C:\Users\XXXXX\AppData\Local\fontconfig\cache』フォルダーの中に、複数のフォントキャッシュファイルが含まれていると、フォントの読み込みに時間がかかるようです。新しいもののみ残して削除してしまえば良いのですが、これは定期的に更新されるようなので、フォントの読み込みが遅くなったら、その都度ファイルの整理をする必要があるようです。

良い方法が見つかったら、内容を少し書き直す予定。

◆追記2

フォントの読み込み時間が長くなったら『C:\Users\XXXXX\AppData\Local\fontconfig\cache』フォルダーの中にある一番新しく作成されたファイルと、ファイルサイズ1KBの一番新しいファイルの2つを、新規フォルダを作ってその中にコピーします。フォルダの作成場所は何処でも構わない筈ですが、私の場合は『C:\Users\XXXXX\AppData\Local\fontconfig\cache』に『gimp2』と言うフォルダを作り、GIMP2の設定には『C:\Users\XXXXX\AppData\Local\fontconfig\cache\gimp2』を登録しました。とりあえず、これで今の所は問題が解消されています。

設定が終わったら、GIMP2を立ち上げ直してみると良い。それまで掛っていた時間の半分以下の時間でGIMP2が立ち上がる。

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)