魚の捕獲器を使ってみた

前回に作成した魚の捕獲器を、エビの居る沼地で使ってみた。

ペットボトルで魚の捕獲器作った

 

水面は濁っているので、良くは見えないんだが、結構な数の鯉が居るらしかった。

 

少ない水量ながら、水が流れている人工の川。透明なので底まで見る事が出来、ザリガニやエビが動いてるのが分かる。生体の採集は、ここで網を使ってゴソゴソするのが手っ取り早いと思う。

 

何を使うか良く分からなかったので、適当な道具をバケツに放り込んで持ってきた。

 

捕獲器を沈ませるためのオモリは現地調達した。丁度良い石が無く、少し大きめなんだが・・・

 

設置場所を探してる途中、捕獲器を繋いでると思われるロープが2本ほど見つかった。他の人もやってるんだね。他の人の捕獲器と絡まないよう、少し場所をズラして捕獲器を設置。

設置時刻は13:30。

 

日付変わって、0:30頃に捕獲器回収。

見てすぐに、魚が掛かってるのは分かった。

 

獲った魚が何なのかは不明。

エビは、頭の先端よりも先までハサミが伸びるようなので、これは私の目的だったヌマエビではなく、川エビ(テナガエビ科)で間違いないだろう。

目的の生体が居なかったので、捕獲した生体は全てリリースした。

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)