LinuxにてBluetooth環境を設定した

AmazonにてUSBのBluetooth送受信機が格安で売られていた。レビューを見るとLinux環境でも問題なく動いているようなので、試しに買ってみた。

最初に注文したのが詐欺業者で、2週間待たされた挙句に品物が来ず、二軒目の注文で三週間待たされるという、ホントに待たされた機器だったりする。

 

私の使用するDebianのディスクトップ環境では、デフォルト状態ではBluetooth環境に関するソフトウエアはインストールされていない。何をインストールしたら良いのか良く分からんので、参考サイトを確認。

https://wiki.debian.org/ja/BluetoothUser

https://wiki.archlinux.jp/index.php/Bluetooth_%E3%83%98%E3%83%83%E3%83%89%E3%82%BB%E3%83%83%E3%83%88

 

とりあえず『bluetooth』『blueman』をインストール。面倒がないようにOSごと再起動。再起動後、Mozcやらネット接続設定やらが表示されている画面にBluetoothのマークが表示される。

 

Bluetooth接続出来る機器は色々とあるんだが、とりあえず音声が聞きたいって事でヘッドホンを設定することにしたんだが、接続したんだか接続してないんだか良く分からん状態に・・・どうやら使用するソフトが足りてないらしいって事で追加インストール。

『pulseaudio-module-bluetooth』

OSごと再起動した後、確実にBluetoothヘッドホンが認識されるようになったが音が再生されない。という事で今度は環境設定。

mkdir -p ~gdm/.config/systemd/user
ln -s /dev/null ~gdm/.config/systemd/user/pulseaudio.socket

OS再起動し、まだヘッドホンから音が出ないと思っていたら・・・

Bluetoothヘッドホンが接続されれば、優先的にそれを使うと考えた事自体が間違えで、Bluetoothヘッドホンを優先的に使うように手動で設定する必要が合った

まぁそんな訳で、Bluetoothヘッドホンから音が出るようになった。

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)