ウィローモスマットのマット部分だけ追加作成した

しばし前にウィローモスマットを作成して現在使用中なんだが、まぁ初めて作ったこともあり不都合が出始めている。

ウィローモスマットを自作した

主な問題点は、とりあえず2つ。

1)園芸ネットを二つ折りにして作成しているんだが、使っている内に曲げた部分が膨らんできてしまった。

2)釣り糸で縫い合わせるような感じに口を閉じているんだが、ほつれて口が空いてしまった。

とりあえず、ウィローモスがマットに張り付いてしまえさえすれば、後からいくらでも手直しは可能なので、まずは張り付くまでは放置で良いだろう。

 

問題点を踏まえた上で、次回以降の作るウィローモスマットのサンプルマットを作ってみた。

 

おなじみの園芸鉢底ネットに加え、オハジキと結束バンドを購入した。これでも税込みで324円だしな。

 

サイズは、前回作成した大きさの半分にした。

特にサイズを小さくした理由はないが、作成中、物凄く面倒だということには気づいた

 

鉢底ネットを二枚重ねにして結束バンドで留め、中にオハジキを入れる。オハジキを入れた口を結束バンドで留めて無駄な場所をハサミで切り取れば完成。

 

結束バンドが不足した為に14個作った所で終了。

余ったものは、次回作成時の足しにすれば良いかなと・・・。

 

今回使用した園芸用鉢底ネット、物凄く石油臭い。このまま水槽に入れると水槽内の生物がバタバタと★になりそうなので、使用前には良く洗うことにする。

一応、過炭酸ナトリウム(炭酸系漂白剤)とかの水溶液に漬け置きすれば問題はなくなるそうだ。匂いを気にしながら、その辺も試してみることにする。

 

Posted in DIY

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)