水槽小物の漬け置き洗いをした

休日になったので「アクアショップしなの」に行ってきた。我が家にいるメダカは、餌用として売られていたものをこの店で買っていたりする。それがキッカケで何件か熱帯魚店を覗くようになったんだが、この店ほどマニアックな店は少なくとも私が見た店には一軒もない。ネット通販で有名なチャームでさえ、私曰く『売り場面積は広いが生物の種類は小規模な店舗と大差ない』程度の感想しか出なかったのも、この店を先に見ていたからなんですな。
(知り合いの店なので、これでも控えめな紹介に留めてますよw)

目的は100匹1,000円のミナミヌマエビだったんだが売り切れていた。既に要望されているとの事で、近々入荷予定があるそうだが・・・後から気づいたが、この店でスネールキラースネールを注文しても良かったよな・・・

 

前回の記事で『スネールキラースネール・・・全滅』なんて事を書いていたりするのですが、後日確認してみたら全て生きていました。巻き貝の中身が出た状態で固まって動かなければ、傍から見たら死んでるとしか思えないわな。その状態でも死んでないとか驚くわw

新規水槽を立ち上げた

 

さて、休日が来たので自宅の水槽を改めて立ち上げなおそうと考えていたのですな。でも実際、注文していた物が届いてない。まぁヨドバシ・ドット・コムの入荷待ち商品なので、事前に遅れるのは分かってはいたんだが・・・。

仕方がないので、水槽の立ち上げ直しで使う小道具を洗浄する事にした。

 

洗浄しておきたいのは、スポンジフィルター自作ウィローモスマット

どちらも石油の匂いがするので、過炭酸ナトリウムで漬け置きする。

 

過炭酸ナトリウムは、YouTubeなんかでは洗濯機の洗浄に使用するのが主流のようになっているが、私は服の漬け置きに使用するのがメインになっている。Yシャツの襟の黄ばみは取れるし、汗臭さも抜けるし。まぁ冬服で使用するのが主流だったんで、夏服になって利用頻度は少なくなっているが・・・

 

2時間の漬け置き後、40度程度のお湯でザブザブと洗って完了。

匂いは・・・完全に抜けた訳ではないけど、だいぶ薄まった印象。とりあえず、一旦乾かしてから再確認し、どうしても気になるようなら、再漬け置きをするつもり。

どうせまた、仕事でしばし自宅に帰れないし

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)