Linux用にUSBゲームコントローラーを買った

Windowsでゲームコントローラーを、各種ボタンにキーを割り当てて使用していたりする。フリーソフトにて設定すると、起動しているソフトウエアに応じて登録キーが切り替わるので、GIMPのような写真加工ソフトならばショートカットキーを、VLCのような動画再生ソフトであれば再生/停止/全画面/スキップ等を登録して使用していたりする。

これと似たような事をLinuxでも可能だと言うことで、元々はAndroid用に購入しているBluetoothのゲームコントローラーを使用してみたんだが・・・

 

写真だと大きさが分かりづらいな

物凄く小さいものです。

ソフトウエアをインストールする事で、各種キーを登録出来る事は確認したんだが、インストールしたソフトでは複数のキーを組み合わせて登録する事が出来ない。とは言え、使えるところには使えるって事で使い始めたんだが、Bluetooth機器だと通信が不安定になることが結構有った。安定して使うには、やはり有線接続のほうが良いよな・・・って事で、Amazonにて値段の確認してみたところ・・・

 

プライムにて500円で売られていた

まぁレビュー見ると物凄くトラブルが多いらしい

一度押したキーが元に戻らないみたいな話も多いし・・・

 

使用してみたが、持った感触は物凄く良い。一部のキーが初めから押しっぱなしの状態になっていたり、反応が悪い所があったりするが、メインで使うだろう場所のボタンは問題ないので、押しっぱなしのキーや反応の悪いキーには設定を割り当てずに使用する事にした。
(所詮はソフトの一分操作を片手でしたいだけなので、全てのボタンが使える必要はない)

複数のキーを割り当てられないと言う欠点がソフトウエア的に有るんだが、まぁ使える所で使えれば良いかなと・・・

ちなみに、ゲームコントローラーを使用するようなゲームをする気は全く無い。

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)