エビ水槽リセットした

エビ水槽内の水の温度が35度を超える日が増えて多くのヌマエビ達が★となったので水槽用クーラーを設置する事にした。ついでに色々と購入し、完全リセットする事にした。

 

グリーンウォーター対策以降、徐々に水が透明化へと向かっていたんだが・・・まぁ仕方がない。

 

水草他、余計なものを一通り他の容器に移動させた。

ヒメタニシや子メダカは子メダカ飼育容器に移動させた。

ヌマエビは水質が大きく変化してしまうと★になる確率が高くなるので取り残してるんだが・・・1匹しか確認できなかったヌマエビは、稚エビも含めて3匹居ることが確認出来た。現状の水槽内の水は、大部分を水草を移動させた容器に入れたんだが、その中に生き残っていたヌマエビも入れた。

大量に★になったはずのヌマエビは、矢張り影も形も無い状態。その代わりって訳じゃないが、底に溜まっていた泥の中から、大量のヒメタニシの子供の殻が見つかった。まぁ水槽内じゃ育たんって事なんだろうね。

 

水槽を完全リセット。

 

底面フィルターを設置。

 

底面フィルターの上にろ過ウール設置。

 

その上から砂利を入れたんだが・・・40センチ水槽で2リットル程度の砂利では全く足りなかった。

3〜4リットルは必要だったんだろう

 

砂利不足を補うためのひと工夫として、素焼きの鉢を設置する事にした。ここに餌を落として、汚れる場所を作ろうと考えたんだが、随分と前に水草の種を購入していた事を思い出し、折角だから使ってみる事にした。どの程度で発芽するのかは不明だったりする。温度が適切なら3日程度で発芽するらしいんだが・・・。

 

まぁ水草が発芽しなくても、餌場として利用すれば良いかなと・・・。

 

今回、水槽リセットを決めた理由がこれだったりする。

外部濾過槽(写真右)と、水槽用クーラー(写真左)

 

とりあえず、外部フィルターのモーターと底面ろ過を直結。

 

仮組み完了。

 

移動させていた水草と水とエビを水槽に戻したんだが・・・

ポンプが水を吸い上げるには、最低でもポンプが半分以上水に浸かっている必要が有る。実は初めから分かっていた事ではあるが、水が足りない

 

水道水を直接使う訳には行かないので、今回もメダカ容器から必要な量の水を確保し、水合わせをしつつ導入。また水槽内が濃い緑色に・・・

外部濾過槽を付けたと言っても、それだけでこの状態が改善されるわけではないだろうが、一応、水槽用クーラーで水温を一定に保つ為の対策として、保温シートを設置する事になるので、グリーンウォーターも、徐々に落ち着くと思われる。

と言いつつ、まだ保温シートを設置してないんだが

実のところ、昼間からちょこちょこと作業を進めていたんだが、水不足以降に点滴方による水追加をしていたり、水が満たされた以降に外部濾過装置のトラブルが起こったり、色々あって一段落する頃には深夜になっていたりする。なので、完全に作業終了している訳でもないんですな。

現在は仕事中(w)なので、帰宅以降に最後の仕上げをする必要があったりするわけだが・・・まぁその辺の話は、するかどうか不明だったりする。

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)