外部濾過槽を使ってみて・・・

外部濾過槽と水槽用クーラーを設置して4日経過。いや、現実には6日経過してるんだが、帰宅できてもブログ更新なんかしてられるほど余裕がなかったんで後回しにしてたりする

 

これが水槽を立ち上げた直後の状態なんだよな。カルキ抜きされた水が無かったって事で、メダカ容器の水を入れているので、かなり濃いグリーンウォーターな訳ですが・・・

 

たった4日経過でほぼ透明状態

底面ろ過が良かったのか、外部濾過槽が優秀だったのか、その辺は全く分からないけど。

 

まぁ全てが良かったわけではなく、非常に大きな問題もあったわけですが・・・。

水槽用クーラーの説明には、水槽の蓋を付けろと書かれていたのですな。その通りにやったら、この有様なわけで・・・

水槽の温度が完全に下がって、蓋を締めても安定した状態が保てるのであれば、蓋をしておいたほうが良いって程度の話で、ネットで見ると小型水槽で蓋を締めている人は極端に少なかったりする。蓋を締めている人は、しっかりと水槽用クーラー水温を下げてくれるような環境を持ってる人とか室内のクーラーを人が居ない時間にもガンガン点けてるような人で、私のように部屋にクーラーも無く、格安の水槽用クーラーを使ってるような人じゃないのですな。

そうそう、辛うじて水槽の立ち上げ直しをした時に生存を確認していた3匹のヌマエビだが、影も形もなかったわ

 

私の購入した水槽用クーラーの場合、水温を下げるという事が難しいらしく、基本的には最初に維持したい水温まで人力で下げる必要があるんだそうだ。そんな訳で、2Lのペットボトルに水を入れて凍らせ、それを水槽内に入れた。

 

最終的に30度を割り込んでは居るんだが、凍らせたペットボトル1本位ではこれが限界のようで、後は少しずつ水温が上がり32度位で安定した。蓋無しで水槽用クーラーを可動させると、これくらいで安定するって例なのかも知れないな。

ちなみに、この時の室内温度は37.5度だった

水槽用クーラーのパッケージには『-4 ~ -7』と書かれているので、既定値だと言って差し支えないんだろう。設定温度には遠く及ばないんだが・・・

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)