FreeBSDでラジコのタイムフリーを録音

何故かFreeBSDでのラジコ録音が出来ない状態になってる。原因は不明。いずれはこの問題を解決する必要はあるんだが、取り逃した音声を確保したいって事で、ラジコのタイムフリーを録音することにした。ってか、実際にやってみたらダウンロードみたいな感じだな。

FreeBSDでradiko放送を録音(書き直し)

 

ラジコのタイムフリーを録音するためのスクリプト。

https://github.com/uru2/rec_radiko_ts

このサイトから『rec_radiko_ts』のファイルを持ってくる必要があるんだが、単純にダウンロードする事が出来ない。ディスクトップ環境なら、サイトに掲載されているスクリプトをコピー、新規作成したテキストファイルにペースト、これでファイル名を整えて完成。それをサーバにアップすれば良い。
(私はFreeBSDで直接新規ファイル作成してスクリプトの内容をペーストした)

ファイルは私は『/root/script/radiko/radiko_ts.sh』とした。パーミッションは700。

スクリプトを使用するのに『curl』『libxml2』『FFmpeg』が必要。私の環境では全て揃ってた。

 

大まかな使用法はリンク先に掲載されているが、どうしても録音が成功しない。唯一成功したのがURLを記入する方法。

/root/script/radiko/radiko_ts.sh -u 'http://radiko.jp/#\!/ts/NACK5/20181104000000'

/root/script/radiko/radiko_ts.sh
はスクリプトのある場所。

『-u』
はURLオプション。

http://radiko.jp/#!/ts/NACK5/20181104000000
はラジコの録音したい番組のタイムフリーのURL
ただこのURLだが、最初と最後をシングルクオート(『Shift』+『7』)もしくはダブルクオート(『Shift』+『2』)で囲う必要がある事と、『/#!/』の部分を『/#\!/』にする必要がある。『\』は半角の『¥』。これをしないとサーバに認識されずにエラーになる。

ラジコサイト

 

実際にコマンドを試してみると、30分番組で10秒位でダウンロードが終了する。実際にffmpegで音声変換されているかどうかは全く分からんのだが・・・

無駄なCMが入らないし、これはこれで便利だなと感じるが、Androidからコマンドによるサーバへのアクセスには色々と問題があるんで、あくまでもメインはラジコの録音と言う形になると思う。

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)