プロバイダの解約時違約金が高い

ここ最近になってプロバイダの契約の見直しやら別プロバイダへの移行やら考え始めたのですな。

新規契約をと考えると、価格コムを通したキャッシュバック企画が良さそうだなと感じる。紹介されているキャンペーンの内容としては、通信回線とプロバイダー料金がセットになった価格で、バラで契約するよりも200〜500円は安くなる。んで、細かく内容を見ていくと、割引企画には2〜3年の契約継続が必要で、契約切り替えのタイミング以外で解約すると違約金が発生する。その金額ってのがプロバイダーにより違いがあるが、おおよそ20,000〜30,000円だったりする。ちなみにビッグローブ光は3年縛りで契約切替時以外の解約で20,000円との事だ。

現状の我が家の環境の場合、NTTのフレッツ光と、ビッグローブのプロバイダー契約で料金支払い場所が分かれてる。ちなみに、フレッツ光の解約時違約金は1,500円で、ビッグローブの解約時違約金は5,000円だったりする。

ビッグローブ光と、フレッツ光&ビッグローブ回線契約で比較する場合、仮に2つの契約の価格差が500円だった場合、単純計算だと3年で18,000円の差が出てくる。この差をどう捉えるか?ってのが話題の中心になるわけだが・・・

実のところ、表面的な価格差が500円だったとしても、ビッグローブ光と、フレッツ光&ビッグローブ回線契約では、それほどの価格差は無いと思ってる。と言うのは、フレッツ光の場合は支払いに使用出来るポイントが結構な数値で付いたりする。通話と込みの場合、5ヶ月で4,000ポイント位付いたりする。それで4,000円の支払いが出来たりするわけですな。ビッグローブ光だってGポイントと言う支払いに使用出来るポイントが付くんだが、そんなに多く付くわけじゃない。大雑把に1ヶ月で100円未満。

色々と考えると、何を選択したら良いのか良く分からん。

とりあえず私は、分離型の支払い方法で契約するつもりだ。どうせどちらも、クレジットカード決済で手間とか無いしw

 

コメントを残す