qjailの個別環境の1つが起動しなくなった

サーバトラブル事例と解決策を記録したblogを作ろうかと考え中。そう思えるほどトラブル多い。安定してしまえば長々と放置状態で良いんだけどなぁ・・・。

qjailの個別jail環境の1つが起動しなくなった。

切っ掛けは、該当jail環境にてportsでのプログラムのアップグレード中に、HDD(USBメモリー)が応答不能状態に陥ってしまった事。直後にfsckを実行しても認識すらされなかったので、OSごと再起動した。OS再起動によりUSBメモリーは復帰した([rc.conf]に[fsck -y]を追記してるので)がqjailの該当領域は起動不能状態になっていた。

qjail start qjail-93
jail: qjail-93: /bin/sh /etc/rc: failed
Error: /usr/sbin/jail failed to start jail qjail-93
because of errors in jail.conf file.

 

該当jail環境のエラー内容を確認。

vi /var/log/qjail.qjail-93.console.log

 

エラー内容はこんな感じ。

/usr/lib32/libedit.so.7: unsupported file layout

 

解決策ではないが、ヒントっぽい事はこちらのサイトに載っていた。

https://it-e.ru/blogs/administrirovanie/problema-zapuska-jails-…unsupported-file-layout

『/var/run』の中身を削除すれば治るって事なのだが、この場合、削除すべきは『qjail-93』の中にある『/var/run』の中身と言うことになる。

rm -r /usr/jails/qjail-93/var/run/*
qjail start qjail-93

半端な状態で起動したんで、一旦『Ctrl』+『C』にて強制停止。その後、半端に起動したjail環境を停止させ、再び起動。これで該当jail環境の起動は正常に出来るようになった。

とは言え、全てが正常に戻ったわけではなく、直ぐに分かる範囲ではsquidが起動しなくなっていた。『/var/run』内に有ったと思われるsquid.pidと言うファイルを削除してしまった事が原因らしい。仕方がないのでsquidをアンインストール&再インストールした。

少なくとも、これで表向きは正常な状態に戻った。

後は使いながら確認していくしか無い。

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)