Linuxマシンが壊れた

デスクトップPC購入後も、結構な頻度で可動していたLinux(Debian)がインストールされたPCが、電源入れても立ち上がらなくなった。

デスクトップPC買った

 

壊れる直前にした事と言えば、電源を入れた事くらい。その時には、途中までは普通に起動し始めていたんだが、少し目を離したら電源のファンがMAXと思われるほどの爆音を立てて可動し、モニターには何も写っていない状態だった。電源を落として再起動をしてみたものの、それ以降はモニターに何も映し出されることはなく、数秒の間を空けた後に電源のファンが爆音を立てて可動するのみになってしまった。

電源が駄目になってれば、直すよりも安いPCを買っちゃったほうが安定して良いんだろう。私の場合は、Windowsに拘る必要がない事を、今回壊れたPCにて実感してるんで、OS無しのPCを購入して使っても良いかなと。

と言っても、案外、Windowsマシンの方が安かったりするんだよな

さて、どうしますかね・・・。

 

◆追記

後日に電源を入れたら正常に可動した。実際の原因は不明だが、想像としては寒さかなと・・・室内に設置している水槽の水温が5℃未満だったし・・・。

 

Posted in OS

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)