旧FreeBSDサーバを再びFreeBSDサーバへ・・・

サーバマシンをミニPCに変更することでお役御免になった旧サーバマシン、その後はDebianをインストールしてデスクトップPCとして使用していたんだが、Windowsの新規デスクトップPCを購入した事により、全く使わない状態になっていた。

ミニPCもディスク容量が少なすぎる事による問題が定期的に発生している事もあり、DebianをインストールしていたPCは、再びサーバとして使うことにした。

まぁそれが、前回の『FreeBSDにてFreeBSDのインストールUSBメモリーの作成(メモ)』をした理由なわけだ。

FreeBSDにてFreeBSDのインストールUSBメモリーの作成(メモ)

FreeBSDのインストール作業に関しては、私としては何時も通りで、カーネルが含まれるsrc以外の選択は全て外し、選択権無くデフォルトでインストールされるもののみインストールした。

ただ、今回はフォーマットをUFSではなくZFSにしている。これがどういったものかについては、実は全く分からんのだが・・・w
(噛み砕かれた説明って殆ど見かけないので、大まかな理解すら出来てない)

とりあえず、SSHのみ設定し、Windows上のPuTTYかアクセス出来る事を確認。

あとはひたすら時間の掛かる作業をする事になるが、現サーバが問題なく稼働してる状態なので、のんびり進めて行こうと思ってる。

 

コメントを残す