水槽の冷却(1)

水槽内の水温が30℃を超えるとエビ達が死に始めるので、理想とされている28℃以下になるように工夫しようと思った。実際の所、除湿モードでエアコンを稼働させていれば問題ないんだが、電気代も馬鹿にならないので、別の方法を考えた。

私の住むアパートは、水は定額で使い放題なので、水道水を使う事にした。水道水の水温を測ってみたら24.4℃。水槽内に水の流れるアルミパイプを配置し、それで水槽内の水温を冷やすって方法だ。

 

ホースとホースのジョイントはダイソーにて購入。アルミパイプは外径9mmのものをAmazonにて購入。ちなみにアルミパイプはプライムで136円。

 

アルミパイプはチューブベンダーにて加工して・・・

加工・・・

 

折れまくった

それ以上短くなると困るって事で、まだ長さが残ってる内に加工を諦めた。

 

短すぎる

 

約1時間ほど水道水を流してみた所、水温は28.8℃から28.7℃に落ちた。

殆ど意味がない

完全にアルミパイプの長さが足りない為に、殆ど熱の交換が出来てないんだろう。24時間位続ければ、2℃位落ちるのかも知れないが・・・。

 

どうしようかと考えてる時、仕事の取引先に行ったらゴミ箱にアルミパイプが捨てられていた。大量に。貰って良いかと訪ねてみたら、問題ないとの事だったので貰ってきた。
(この手のゴミってまとめて業者に売るんじゃないのか?良く分からんけど)

 

アルミパイプの外径は、購入してボロボロと千切れてしまったアルミパイプと同じかやや小さい。厚みは明らかに貰ってきたアルミパイプの方が肉厚。

 

アールを含めた長さは60センチ程あるらしく、52センチ水槽に無加工で設置するにはやや大きい。まさか斜めに設置するわけにはいかんし。どう設置するにしても、曲げ作業は必ず必要になるな。

 

と言った所で・・・

仕事が急激に忙しくなり、続きは何時出来るのか分からない状態に・・・

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)