LEDライト ストリップコントローラー(?)を使えるようにした

購入したは良いが、使うには加工が必要だったLEDテープライトのコントローラーなのですが、ある程度の余裕が出来たので工作してみた。まぁ途中で失敗してたりもするのですが・・・。

 

LEDライト ストリップコントローラー(?)購入

前回にも話題に出しているが、4品のLEDテープライトの接続端子を購入してる。その話題をした次の日には到着してたりするが、まぁネタに出来るほどの体力が無かったと言うことで・・・。

 

本体側コードに矢印があるので、そこに赤コードの端子を接続。

 

事前にテスターにて電気が通る事を確認し、1ピンに赤コード、4ピンに黒コードをはんだ付けした。実はこれは、アプリで動作させるとONの時もOFFの時も通電していてLEDが光っている状態になっていた。

正解は、1ピンに赤コード、3ピンに黒コードを付けるのが正解。

 

アプリは「Smart Life」を使用。

「新規登録 → 照明 → 光変調器」(他Wi-Fi接続設定など)から機器を認識させられる。

アプリ上でOFFにすれば明かりが消え、アプリでONにすれば明かりが点く事を確認できた。私の場合、既にSmart LifeはAlexaに登録済みなので、WEBのAlexa設定サイトからは「スマートホーム → デバイス → 検出」で登録できた。Alexaのハードは、新規設定が自然に反映されるまでには時間が掛かるので、私の場合はAlexaの電源を一旦落としてしまうってのが普通になりつつあるなw

 

はんだ付けした部分は、後でピンが曲がったりして接触しないように、グルーガンで固めた。

 

照明を何処に設置すべきか色々と考えた結果、トイレに設置する事にした。LEDテープの長さが5mあるのも扱いづらい部分ではあったが、とりあえず、発泡スチールにぐるぐる巻きにして取り付けた。

今更だが、突っ張り棒にゆるい感じに取り付けても、イルミネーションみたいで良かったのでは?なんて事も考えてみたりして・・・。

 

Alexaからは単純にON/OFF命令で動作するが、本来は色を変化させる機器なので、ボタンから操作する時には単色のLEDでも多少の変化をする。トイレ設置なのでON/OFF出来れば満足なんだが・・・。

 

 

Posted in DIY

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)