アナカリスを纏めた

アナカリスは、茎と葉の間から根っこを出して栄養補給するので、茎の元を土にさす必要は全く無く、ただ水槽に漂わせておくだけでも勝手に育つ。

が、エビなどの生体を飼う場合は、休憩所の役割も持たせたく、水面を漂わせていても、ある程度の休憩所の役割を果たすものの、やはり底から生えてるような状況の方がより多くの休憩所としての役割を果たす事になるので、そのように設置したい訳ですな。

 

私が購入したアナカリスの状況としては、アナカリスの根本にスポンジが巻かれ、そこに板オモリが付いている状況だった。今から思えば、その再現をすれば良かっただけなんだが、一応、濾過ウールとおはじき、それに結束バンドを使用した。

 

成長する事も考慮し長さを調整した。短いもの・長すぎて調整で切ったモノは規格外として一旦弾いた。規格外のものは次のネタに含めるとして・・・

 

アナカリスとおはじきを濾過ウールで巻き、おはじきが落ちないように、結束バンドで上下二ヶ所を巻いた。

 

土の層が厚いので、根本を土の中に埋めたんだが、まだ環境に馴染めないドジョウが植えた所をほじくり返して、現在は寝転がった状態に近い状況で置かれている。元々、水に浮く植物なので、頭は水面に向いているので、考えていた状態と大差ないんだけどね。

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)