ルリーシュリンプを買ってきた

館林で仕事するついでで、何か生体を買おうと思って色々と調べてた。第一候補だったのは、半年位前に購入しているスノーホワイトシュリンプだったんだが、ベルベットブルーシュリンプやらルリーシュリンプやら候補に上がり、最終的にルリーシュリンプを買う事にした。

 

ルリーシュリンプ30匹3700円。

館林から自宅まで約1時間。スノーホワイトシュリンプの時もそうだったが、車の揺れでダメージがあると思われたため、袋のまま2時間ほど放置。

スノーホワイトシュリンプを購入した

 

受け取りの時に店員さんから「確認お願いします」とか言われているが、袋内のエビ30匹を確認出来る筈もなく、明らかに弱ってるエビや死んでるエビが居ないと言う事で良しとした。気になったので写真で数を数えたら、30匹居る事を確認できた。

チャームって、おまけを全く付けてくれないんだよな

 

安物のph測定器を持っているんだが、どの程度正確なのか全く不明。とは言え、目安になるので確認するわけだが・・・

水槽内:ph7.4
生体が入っていた水:ph6.7

成体の入っていた水のphを、成体に与えるダメージを最小限にしつつ、水槽内のph値に近づかせる必要がある。私の場合は、一旦セットすれば、結構長く放置しておいても勝手に水合わせしてくれる点滴法をするのが通常で、今回は2秒で3滴くらいで3時間、その後に2秒で5滴程度に変更して1時間、点滴法を実施。

 

合計4時間の点滴法の後、成体を1匹のみ水槽に入れ1時間ほど放置。その間、更に点滴法での水合わせ1時間。

先に水槽に入れた成体が、拒否反応とか起こしていない事を確認し、残りの生体も水槽に入れた。

 

8割以上の生体が、一週間以上生きていれば成功と言う事になる。

 

スノーホワイトシュリンプの時には10匹しか購入しなかったが、ルリーシュリンプは30匹。色的に目立つという事もあり、なかなか壮観と感じる。

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)