FreeBSDのvarnish5の使い方が分からん

varnishはProxyサーバです。用途としては主にリバースProxyに属する使い方が一般的なのですが、まぁ、呼び方は何をキャッシュするのがメインかで変わるので、たいした違いは無いはずですけどね。
(基本的にフォワードプロキシとして有名なsquidもリバースプロキシとして利用できるし)

ただ、元々FreeBSDで使うために設計されたと言う事で、squid等のプロクシサーバと比較すると返信速度は50倍も早いそうで、そうした面で期待が高まります。

と言う事でインストール。

cd /usr/ports/www/varnish5
make config-recursive
make install clean && rehash

 

基本的に、portsでプログラムのインストールをすると、インストール直後の表示で基本的な使い方が表示される。varnishも使い方は表示されているんだが・・・

===> Creating groups.
Creating group 'varnish' with gid '429'.
===> Creating users
Creating user 'varnish' with uid '429'.
Creating user 'varnishlog' with uid '430'.
QUICK-START GUIDE

It's two in the morning and someone posted a link to your website on
slashdot.  Don't panic, it takes only a minute to set up Varnish in
front of your web server:

1) Install Varnish
2) Reconfigure your web server to listen on localhost:8080
3) sysrc varnishd_enable=YES
4) service varnishd start

Refer to the documentation for more advanced configuration.

===> SECURITY REPORT:
      This port has installed the following files which may act as network
      servers and may therefore pose a remote security risk to the system.
/usr/local/sbin/varnishd
/usr/local/bin/varnishtest

      This port has installed the following startup scripts which may cause
      these network services to be started at boot time.
/usr/local/etc/rc.d/varnishncsa
/usr/local/etc/rc.d/varnishd
/usr/local/etc/rc.d/varnishlog

      If there are vulnerabilities in these programs there may be a security
      risk to the system. FreeBSD makes no guarantee about the security of
      ports included in the Ports Collection. Please type 'make deinstall'
      to deinstall the port if this is a concern.

      For more information, and contact details about the security
      status of this software, see the following webpage:
http://www.varnish-cache.org/

読み取れる内容としては

varnishのユーザー名とグループ名は『429』
varnishlogのユーザー名は『430』

『/etc/rc.conf』に『varnishd_enable=YES』を追記

WEBサーバのポート設定は『8080』に変更

varnishの起動は
service varnishd start

各起動用のファイルは
/usr/local/etc/rc.d/varnishncsa
/usr/local/etc/rc.d/varnishd
/usr/local/etc/rc.d/varnishlog

 

さて、これで何が問題なのかと言うと、初期の設定ファイルの在り処が分からん。

確認で色々と調べてみたが『/usr/local/varnish/』と言う空のディレクトリが有るだけで、他に関連したファイルやディレクトリは見つからない。
(実際に起動した後に分かったが『/usr/local/varnish/』にはキャッシュされたファイルが格納されるらしい)

起動用のファイルに何かが記載されているかも?と思い確認。

vi /usr/local/etc/rc.d/varnishd

『/etc/rc.conf』に記載する内容が書かれていた。varnishのデフォルトの待受ポートと、WEBサーバの待受ポートの設定を『/etc/rc.conf』に記載する事で変更出来るらしい。

varnishd_listen=:80
varnishd_backend=localhost:8080

 

/usr/local/etc/rc.d/varnishncsa
/usr/local/etc/rc.d/varnishlog

この2つに関しては、varnishdと比較するとログに関する追記がある程度で、特に見るべき場所がない。起動用に『/etc/rc.conf』へ追記する内容は書かれているので、その辺だけは考えて記載する必要はあるんだろうが・・・。

 

ネット上では、Linuxでしかも古いバージョンの解説が多いんだが、FreeBSDに関しては皆無と言っていいほど設定ファイルに関する説明がされているページが見つからない。初期設定でも充分に練られた設定がされているらしいんだが・・・。

 

後は、varnishには管理コマンドが有るらしい。

varnishadm
varnishhist
varnishstat
varnishtop

それぞれの使い方と内容は、LinuxもFreeBSDも関係ないだろうし、後で確認すれば良いかなと・・・

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)