サーバ用にミニPC購入

実はもう既に、WEBサーバとして動作を開始している。

そもそもの発端は、前サーバに内蔵されていた3TBのHDDが不調になり、何か作業をさせると結構な高確率でシステムもろともクラッシュするという状況に陥ってしまった事だ。仕事も忙しいタイミングで重なったことにより、複数考えていたサーバ移転プランの内、一番安いプランを決行。その第一陣が、今回紹介するPCと言うか、ベアボーンと言うか・・・

 

 

ガラホと同じような大きさ。

これに電源とモニターを接続すれば、ちゃんとPCとして動作する。

でも何故か、モニターが接続されていないとBIOSすら立ち上がらないんだが・・・OSが稼働しさえすれば、モニターを取り外しても問題ない。

ぶっちゃけ面倒臭い

この件に感しては、後日安いモニターが届く予定。

 

3Aの専用microUSB充電器を使用。個人的には、この手の機器には今まで通り丸い差込型の物を使ってほしいんだけどなぁ・・・先端が曲がったりしそうで怖いわ

 

サーバOSは、いつも通りのFreeBSD。

WEBサーバを中心に、ちょこちょことシステムを組んでみたが、今の所は特に問題は起こってない。

後は、ラジオの録音環境さえ構築すれば、環境保守以外で設定を触る事は無くなる。

 

 

このPCはケース無し状態でおおよそ14,000円。これにはケース&Windows10付きのバージョンが有り、おおよそ17,000円だ。実はそのケース&Windows10付きの物も注文し、実は既に自宅に到着してる。仕事が忙しくてまだ箱からすら出してないんだが・・・何でWindows10付きのまで買ってるかって言うと、FreeBSDとかLinuxとかだと、HDDを複数搭載可能なUSBケースを認識しないんですな。その辺の対応が進むまでは、そうした機器はWindowsで扱う必要があるわけで・・・

まぁ、ハードの紹介もするが、Windows10の設定を変更しまくる話題も増えそうな予感。

 

2 Replies to “サーバ用にミニPC購入”

  1. なかなかそそられる物がありますねw

    ・・・と言いつつ、無駄にあるPC&タブレット群が眠ったままですが(^_^;)
    ラズパイ向けの5インチ以下の液晶ディスプレイなんかもあったりします。

  2. マーちゃんコメありです。
    現状、モニターを付けておかないと再起動するにも気を使う状態だけど、それさえクリアすれば、完全無音だし面白いとは思います。ただ、多少イジっただけでもトータルバランスは良くないと感じるので、何に使うか初めから決め打ちして購入するのが良いのかなと・・・

    Raspberry Piのモニター、HDMIに対応もしていて値段も安かったのですが、注文したのはもっと安いやつだったりします。車載を目的に作られたモニターで、入力はAVが2端子(通常使用用とバックモニター用)付いているものだったりします。安い理由は今ひとつ分からないけど、モニターのサイズが4:3だから・・・かな?
    追加でVGAをRCAに変換するアダプタを二本購入してるけど、コレも一本あたり120円未満で2本購入。とにかく安く安くと言う感じで揃えるわけだけど、到着が遅い上にまばらなのが問題で・・・

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)