Firefoxのv57が登場したわけですが・・・

Firefoxの大型バージョンアップとなるv57が登場。単に数字が大きくなっただけですが、中身としてはそれまでと大きく変更がされていたわけで、結構な注目を集めていました。私もまぁ、描画速度が向上したり使用メモリー量が減ったりするとの事で、楽しみにしていたわけですが、まぁ大きなバージョンアップ直後には必ずと言って良い程、動かないアドオンが出てくるわけですな。

Windows10環境では、今までよく使っていたアドオンが2つほど使えなくなりました。常に左カラムのような位置に表示されていたRSSリーダの『sage++』や、使い所としては『戻る』位しか使ってなかったマウスジェスチャの『FireGestures』の2つ。

AndroidのFirefoxでは、Proxy設定を独自に持つことが出来、その設定のON/OFFを切り替えられるアドオンを使ってたのですが、そのアドオンがONの状態のまま使えなくなりました。手動でOFF状態に戻しましたけどね・・・

一応、今までと比べて物凄く軽いブラウザになりました。私の場合、何か調べ物を始めると10個以上のタブを開いておくなんてザラに有るわけですし、Amazonで何かを探すと勝手にタブが増えていくし・・・その途中でブログ記事作成なんて始めたりすると、文字入力で遅いとか軽く固まるとか良く有りましたしw。現在、使えなくなったアドオンの後釜とか更新の確認とかに10個以上のタブを開いているが、何のストレスもなく文章を打ち込めてる感じです。

今までと似たような環境に戻るまで1~2ヶ月位掛かるかな?

これはもう待つしか無いんだよな。

 

One Reply to “Firefoxのv57が登場したわけですが・・・”

  1. 前回書き込めなかったんですが、二度目のチャレンジ。

    Firefoxのv56で更新を止めてます。
    アドオンのVideo Download Helperだったかな?、これが使えなくなると困るので。

    派生型に行くという手もありますねえ(`・ω・´)

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)