中古モニターとマウス・キーボードセットを買った

新サーバPCへの切り替えにより、それ以前に使っていた旧サーバPCがズッと放置されていた。大雑把に4ヶ月位。

サーバ用にミニPC購入

旧サーバとは言え、実の所、現在でも何の問題もなく稼働し続けているメインPCよりも機器としての性能は良かったりするんで捨てるに捨てられない状態だったのですな。いつか何かしらのOSをインストールして使おうと思っていたわけだが・・・

 

壊れていたのはHDDのみで、その壊れたHDDを取り除けば特に問題はない状態だったりする。その壊れたHDDって云うのが、3TBの物だったりするので、その辺が痛いと言えば痛いんだけど。
(現状160GBのHDD)

 

サーバを復活させるには必要だが、それほど良いものは必要ない。って事でモニターは中古にて購入。

 

キーボードも、それほど良いものは必要ないんだが、そもそもそれほど高価なものでもないので新品にて購入。こちらはメインマシンで使用し、メインマシンで使用していたものを今回のPCで使用する事になった。

 

OSはFreeBSD11.1を使用した。GUI環境を使いたいだけなら、それ用のディストリビューションを選択しさえすれば楽なんだけどね。

勉強のためにあえてFreeBSDを選択したが、正直な所、ネット上の情報をそのまま実践しただけで、それがどんな意味を持っていたのか全く理解できなかった。FreeBSDでのGUI環境なんてほぼ初めてだからねぇ

この環境が壊れるような事が有れば、次はもっと楽にGUI環境が構築できるディストリビューションを選択することにするさ。

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)