2020春 そろそろ水槽をどうにかしたい

一昨年の冬から去年の春までは、水槽は一切手入れをしていなかったんだが、それは水温が低いことで生体の活動が鈍っていた事もあり、特に問題も発生しては居なかった。

去年の冬の始まり頃からルリーシュリンプと言うエビを飼いだした事で、冬の水温低下を抑えるために水槽ヒーターを設置した。非常に寒い時間帯でも、水温はおおよそ20~22度で安定している。ルリーシュリンプの稚エビも目に見えて増えている。ヒーターを使わなかった去年は、抱卵しているエビは比較的居たものの、稚エビを見かける事もなく春になってたからな。

まぁ今期の冬は、水槽は比較的良い状態に保てている訳だが、問題も発生した。仕事が忙しいという言い訳して、放置していた私にも問題があったわけだが・・・

 

ルリーシュリンプを入れている50cm水槽。
ガラス面を綺麗にしたが、水自体が少し濁ってるらしい。

 

ミナミヌマエビとマドジョウを入れている30cm水槽。
水槽のガラス面に付いた分かりやすい苔なんかは、凄く簡単に対処できる。

 

50cm水槽の水が少し濁ってるようだったので、投げ込み式フィルターを導入。本当は、50cm水槽には、外掛け式のフィルターがあるんだけどな・・・ろ材切れなので停止中。

 

さて、現在水槽で起こっている問題なんだが・・・

2つの水槽は、ホースで繋がれ、一定時間でポンプが動作し、水の循環が行われる。ポンプが停止している時間に、どうもミナミヌマエビの稚エビがホースを伝ってルリーシュリンプの居る水槽に移動していたらしく、気づいたらルリーシュリンプメインだったはずの水槽にはルリーシュリンプよりも大量にミナミヌマエビが生息していたりするw

もう一点は、水温を上げている事と同時に、水草を育てる事も可能な照明も設置している為、ウィローモスが元気に育ちすぎている。良いことのように感じるかも知れないが、育ちすぎると根本が枯れる現象が起こるらしいので、ある程度育ったら散髪する必要があるんだそうだ。まだ私の環境では根本が枯れるという現象は起こってないが、そろそろ散髪は必要だと感じていたりする。

後、そろそろ外掛けフィルターを動かしたいと思ってる。フィルターは自作しても良いだろうと思うんだが・・・

まぁ暇な時間に一つずつ処理していくつもりではある。

カテゴリー 2020

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。