水槽の砂の掃除をした

室内水槽が2つほど有るんだが、基本的には両方ともエビを飼っている。本当はミナミヌマエビとルビーシュリンプで分けていたんだが、水の循環をするために通していたパイプからエビが行き来をするようになり、どちらの水槽もミナミヌマエビとルリーシュリンプがいる状態になってしまった。

2つ有る水槽はサイズが違うもので、大きめの水槽は小石が敷き詰められ、小さめの水槽には砂を入れている。砂を入れている方には二匹のドジョウが居たんだが、一匹は水槽の外に飛び出してしまい、私が気づいた時には干からびた状態だった。ちなみに干からびたドジョウはエビが食べました。水槽に入れてから12時間程度で跡形もなく・・・。

水の循環とかしてる事もあり、どちらも水質自体は変わらないものの、ドジョウの居た水槽に関しては、餌を与えることもあり結構汚れるんですな。ある日、水槽が臭うなと感じたわけですが、仕事が忙しすぎて世話する事も出来ず・・・気づけば半年以上経過してた。流石に不味いと思って水槽の砂を掃除する事に・・・

 

掃除をした後の事を考えると、ドジョウが居るのは面倒なので、ドジョウは屋外水槽に移した。多分もう、姿を見る事は無いんだろうなと・・・。

 

全ての砂を取る事は出来ないので、1/3程度の砂を取り除いた。出来る限り表面のゴミが浮いてる部分を取り除いては居るが、それでも水が汚い。

 

取り除いた方の砂に関しては、水道にて簡単に洗えるので良かったりする。それでも満足の行く状態になるまでに10回以上は洗っていたりするんだが・・・。

 

半年以上前に購入していた、水槽掃除用の道具だったりするw

逆流防止弁とサイフォンの原理を利用する事により、電気や呼び水を必要とせず、水槽の水を排出する事が出来る。まぁ、かなり面倒臭かったりするんだが・・・w

 

使おうとしたら、とにかくサイズがデカすぎる。新品だと言うのに早速パイプを切断。

本来なら、本体を左右に振っていると水が徐々にパイプを登ってきて、水の排出が出来るようになるはずなんだが、場所が狭いってことも含め、そんな簡単には行かなかった。まぁ詳しい話は省くが・・・。

水が流れ出せば、汚い水はグングンと吸い取られていく。とは言え、10L位の水を排出してたりするんだが・・・

 

水は随分ときれいになったと思う。匂いは特に感じない。

早速、ルリーシュリンプを入れたい所なんだが、まずは水槽パイプ作成の続きをしてからかなと・・・

 

水槽の砂の掃除をした」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。