ルリーシュリンプを水槽移動中

水槽の砂を掃除する都合で、全てのエビを別水槽に移してたんだが、水の循環システムの構築なども含め一通りの作業が終わったので、ルリーシュリンプを綺麗になった水槽に移す事にした。

 

エビは圧倒的にミナミヌマエビが多く、ルリーシュリンプのみ選別して移す作業って物凄く困難なんで、時間的に多少の余裕がある時、ルリーシュリンプが確認できれば、網で掬って移動させている。一回に1~2匹程度、1日で3~6匹程度。状況によって随分と差があるんだが・・・

 

ルリーシュリンプとミナミヌマエビは交配出来るのか、その辺の事は良く分からんのだが、結構、茶色よりも赤に近いミナミヌマエビなんかが多く感じた。間違えで移動させ、元の水槽に戻してるエビも多かったりする。

ルリーシュリンプの基本的な配色は、頭としっぽ部分が赤く、胴体部分は透明って感じだったりする。上の写真のような感じだな。それらが交配を続けていると、配色が崩れていくらしいんですな。元のエビがどんなモノだったのかは良く分からんのだが、先祖返りが激しいらしく、そうしたエビが増えてきたら、同じ水槽から移動させる必要がるらしい。

 

ビーシュリンプで言うところの、タイガーや日の丸なんかも居たりする。元々は居なかったので、いつの間にか生まれたって事になるな。そういうのを集めて育てるってのもアリな気もするんだが・・・水槽を置く場所がないw

こう言うのは排除対象って事になるんだろうけど、さて、どうしましょうかね・・・現状、移動させたルリーシュリンプの数が少ないし、増えるまでは放置するんだけど。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。