石灰沈着性腱板炎が治った!

現在でも糖尿病治療のために定期的に通っている病院というのは、元々は整形外科を受信しようと考えてピックアップしていた病院だったりする。理由としては、我が家から一番近く、体外衝撃波治療という非保険の治療が可能だったから。

その体外衝撃波治療が出来る先生が限られているらしく、その先生の診療日に私の都合がつく日が全く無いと言うことで、その先生が開業している病院の方に移ることになりました。

んで、その体外衝撃波治療というものは受けられたかって言うと、受けてなかったりするわけですな。一応、私が移動した整形外科でも、体外衝撃波治療は出来るらしいのですが。

まぁそれが約三ヶ月前の話なわけですが・・・

 

病院を移動するに当たり、元の病院から紹介状とともに資料としてCDを渡されているのですな。そのCDの中身ってのが、レントゲンやらMRIやらのデータだったりするわけだ。それを移動先の整形外科に渡したものの、最終的には無駄な資料になるわけで、私のもとに戻されたのですな。んで、中身のレントゲン写真を前回の話題で使ったつもりで居たのが、全く使ってなかったようで・・・

これは三ヶ月前のレントゲン写真。矢印の所にあるのが石灰なのですな。

んで今日、レントゲン撮影後、診察室に通された時に掲示されていたレントゲン写真に全く石灰が写ってなかったので、最初、他の人のレントゲン写真だと思ってた。

先生曰く「綺麗に無くなりましたね」だそうだ。

最初に受診した時に、それなりに刺激を与えているのだそうだ。実際、何気なく書いている、前回の治療の内容を見れば、確かに刺激を与えてると感じる内容には成っている。体外衝撃波治療ではないが、衝撃は与えられていたらしい。

とは言え、三ヶ月でこれが消えるのか?とは思ってしまう。まぁ消えたのだから良い事なんだが。

んで、肩の痛みはどうなのか?って言うと、実はまだ痛い(; ̄ω ̄)ゞ

石灰沈着性腱板炎の石灰は消えたが、肩の筋肉には、まだ傷が残ってる可能性はあるのだそうだ。それを治療する注射を打ち、一週間以上開けてから再診。それを何度か繰り返す必要はあるそうだ。

最終回じゃないぞよ、もうちょっとだけ続くんじゃ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。