FreeBSDのルータ化

うん、何か懐かしいと思えるタイトルだなw

光回線契約をする前には、FreeBSDをルータ化して使用していたんだが、NTTからレンタルされた終始端末にルータ機能もあったため、FreeBSDでしていた一通りのルータ機能を使わなくなってしまった。少なからず解説ページを書いているソフトウエアに関しては、たぶん、簡単なヒントで思い出せるだろうが、厄介なのは説明困難で解説ページなんてとても書く事が出来ないもの。特にファイアーウォールの設定なんかは、時代が進みすぎて設定できるか謎である。

カーネル再構築が必要なものもいくつかあった筈だが、現在でも必要なのか謎だったりする。調べてみると、カーネル再構築に関する事が一切書かれていないページもあれば、カーネル再構築が必要だとしているページもある。最悪なのは、ある動作までならカーネル再構築が必要なく、特殊な設定をする場合はカーネル再構築が必要になる・・・なんて場合だったりする。あ、カーネル再構築は必要ないのか・・・なんて思って使ってると、後で大ハマリする事になる。

まぁ怖い話はこれくらいにしておいて・・・

とりあえず、ルータとして動作させる最低限のソフトウェアは

「PF」
「dhcpd」
「mpd5」

ルーター機能の大半が、ファイアーウォールの設定と言って過言ではないね。それ故に設定を覚えるのが厄介なんだが・・・。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。