FreeBSDのメモ帳

FreeBSDのメモ帳管理人の野苺ロビンです。

FreeBSDの経歴自体は比較的長いのですが、用途として自宅サーバの運用(趣味)で、一度設定を終わらせてしまうと長く放置する事に成るので、細かい所は忘れてしまうのですな。そんな訳で、各サーバに関する設定項目をメモとして残してるわけです。

FreeBSDは比較的難しい部類のOSと言えまして、まずGUI環境構築に非常に多くの知識が必要だったりします。実は私、FreeBSDにてGUI環境を構築できません。昔ならDOSからUNIX系統のOSに移行する人も多かったかと思いますが、今はWindowsから別OSに移行するって人のが多いかと思います。そういう人からすれば、まずGUI環境の整ったLinuxに触れるのが普通だと思うし、そうした人達の囲い込みにも積極的です。そういや、Linux用語のタコって聞かなくなったなぁ・・・。

FreeBSDの場合、GUI環境が無くて良いなら、インストール自体は難しくない。とは言え、最低限の運用の計画は先に考えておく必要があるし、各種サーバの設定ファイルを操作するのにeeとかviとか言うテキストエディタを使用する必要があります。viはまず初心者には扱えません。eeも最低限の英語が出来ないと戸惑うと思います。用途や運用と合致するなら、GUI環境のあるFreeBSDの「TrueOS」や、基本的にWEB-UIから設定できるNAS環境の「NAS4Free」なんかがありますの で、そちらを使用した ら良いと思い ます。

FreeBSDでの設定内容にNAS系の設定が多い私なのですが、FreeBSDを土台にしていると言ってもディストリ ビューションなりのルールが存在しているので、どうしても扱いづらさを感じてしまう。なので矢張り、私はFreeBSDを選択します。


このページで紹介している操作は、特に記載がない限り管理者権限での操作です。FreeBSDのバージョン、サーバのバージョン、私自身の使用目的など、出来る限り載せています。エディタはviもしくはvimを使用しての紹介なので、その辺は自分が使用しているエディタと読み替えて下さい。

サーバであれば、記載されているコマンドを、上から順番に設定や実行すれば、私が想定した動作をする筈です。各種ツールに関しては、私個人の使用頻度の高いオプションを記載しています。あくまで私個人のメモ帳という体での掲載なので、その辺に関してはご理解下さい。