VIの覚書

VIはxNIX系OSで使われているテキストエディタの一つです。

基本的に、マウスを使わないCUI環境で使うためのテキストエディタなので、操作方法は独特なものです。理解すべき所、覚えるべき所が結構多いので、訳分からんと思ったらEE使えば良いと思う。要はファイルを編集する道具に過ぎないのですから。

ファイルの読み込み

ファイル編集には、編集したいファイルを指定する。
新規にファイルを作りたい時には、作りたいファイル名を指定する。

vi ファイル名

コマンドモードと編集モード

VIには『コマンドモード』と『編集モード』が存在し、ファイルを読み込んだ直後は『コマンドモード』として立ち上がる。

コマンドモードでコマンドを入力することにより、編集モードへ移行。
また、編集モードからコマンドモードへの移行もコマンドで行う。

コマンドモード <=> 編集モード

コマンドモードから編集モードへ以降する方法は複数あるが、一つか二つ知っておけば問題ない部分もあったりする。
大文字のコマンドは、通常ならば[Shift]キーを押しながら目的のキーを押すことで入力できる。

i
カーソルが置かれた位置から編集。

a
カーソルが置かれた位置の、後ろから編集。

o(小文字のオー)
カーソルが置かれた行の下に、新たな行を追加して編集。

I(大文字のアイ)
カーソルが置かれた行の、先頭から編集。

A
カーソルの置かれた行の、末尾から編集。

O(大文字のオー)
カーソルの置かれた行の上に、新たな行を追加して編集。

[Esc]
編集モードからコマンドモードへ移行。

現状が編集モードなのかコマンドモードなのか分からなくなってしまった時は、[Esc]キーを数回押しておけば良い。これでコマンドモードから始めることが出来る

FreeBSDのVIの場合、編集モードで上下左右キーは使えないと思っておいたほうが良い。

ファイルの保存と終了

コマンドモードで実行する。

:w
編集したデータを、セーブする。

:wq
編集したデータを、セーブして終了する。

:q!
編集したデータを、保存せずに終了する。

文字の削除

コマンドモードで実行する。

[Delete]』もしくは
x
カーソル上の一文字を削除する。

dd
カーソルのある一行をカットする。(ペースト出来る)

d1↓
カーソルのある行と+1行をカットする。
数字を変えれば、数字+1行がカットされる。

カーソルの移動

コマンドモードで実行する。
基本的には、上下左右キーを使えば行移動できる。

[Ctrl] + f
次の画面に移動

[Ctrl] + b
前の画面に移動

20G
20行目にカーソル移動。
当然ながら、数字は必要に応じて変更する。

文字の検索

コマンドモードで実行する。

/apache
ここでは『apache』と言う文字を検索してる。

検索された文字はハイライト化され、複数ある場合は、下方向にある文字に移動する場合は『n』、上方向にある文字に移動する場合は『N』を使って移動する。

その他

コマンド自体は調べればもっと有るんだが、よく使うコマンドはこんなもの。
プログラムの設定ファイル編集がメインであるなら、これだけ出来れば充分という感じです。

VIMに移行しても、同じ操作で全く問題は有りません。ただ、ビジュアルモードが追加されていたり、設定ファイルでいくらでも動作を変えられるので、扱いやすくはなると思います。日本語の文字化けも無いですし。

 

役に立ちましたか?
  • 役に立った (0)
  • 少しだけ (0)
  • これじゃない! (0)