mount(マウント)する(Windows共有領域)

事前説明は『@mount(マウント)する(基本)』にあります。

 

Windowsに共有設定されている領域がある場合、その領域をFreeBSDでマウントする事が出来ます。ただし、相変わらずデフォルト状態では日本語名のファイルやフォルダの表示が文字化けします。

mount -t smbfs //noichigo@DESKTOP/f /mnt

『//noichigo』はWindowsのユーザー名
『@DESKTOP』はWindowsの入ったPCのPC名
『/f』は共有設定をしたディスク(またはディレクトリ)

コマンドに間違えが無ければ、パスワードの入力が求められるので、この場合は『noichigo』のパスワードを入力する。
(この辺の事はWindowsの設定次第で動作が変わるかもしれません)

 

役に立ちましたか?
  • 役に立った (0)
  • 少しだけ (0)
  • これじゃない! (0)